オルゴールって英語?【オルゴールは何語?】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Alp
Alp

Hi, everybody! Do you like listening to music?

今日のテーマは、「オルゴール」という言葉です!

オルゴールという言葉は英語なのか? そもそも何語? その語源はどこから…? について紹介します:-D

スポンサーリンク

オルゴールという言葉

実は、オルゴールという言葉は…

日本語

です!!!

知っていた方もいるかもしれませんが、ちょっとびっくり、意外ですよね:-O

オルゴールを漢字で書くと、「自鳴琴(じめいきん)」です。Qさま!に出てきそうな漢字です:-)

important


オルゴールという言葉は 日本語

漢字では 自鳴琴(じめいきん)と書く

オルゴールの歴史

「日本電産サンキョー オルゴール記念館 すわのね」のオルゴールの解説ツアーでお話を伺いました!!

その中から、要約して紹介します。

ディスクオルゴール(ドイツ製)
カリヨン

オルゴールの前身は、「カリヨン」というベルを鳴らす楽器と言われている。

14世紀にヨーロッパで発明されたとされ、大きな塔に組み込まれ、町中にその音色を響かせていた。

シリンダータイプ

オルゴールは、1796年にスイスで発明されたとされ、シリンダータイプというものだった。当時、貴族の富の象徴として重宝されていた。

円柱状のシリンダーに小さなピンが付けられ、そのピンが、曲ごとの音に対応している。
シリンダーに曲が書き込まれるので、シリンダーを交換して、曲を変える。

ディスクタイプ

1886年頃、ドイツでディスクタイプのオルゴールが発明されたと言われる。

円盤状のディスクに突起が付けられ、その突起が曲ごとの音に対応。ディスクに曲が書き込まれる形式。

コインを入れて、ぜんまいを巻いて、1曲分のディスクが回って演奏する。

パブ、レストランなどの社交の場で、人々からその演奏が親しまれていた。

ディスクオルゴール
3枚で1曲を演奏

この写真のディスクオルゴールは、3枚のディスクが同時に回って1曲を演奏するタイプ。

ディスク3枚分の音があるので、メロディーにさらに、和音のハーモニーや細かい装飾音がたくさん出せる。

yumi-pyon
yumi-pyon

細かい装飾音がきれいで、とても華やかな演奏でした!!

ディスクを複数枚搭載できるオルゴール

ディスクを複数枚搭載できるタイプでは、ディスクを選んで、演奏する曲を選ぶ。

この写真は、演奏されるディスクがぜんまいの可動部(天井部分)へ持ち上げられたところ。

この曲が選べるオルゴールは、いわゆる「ジュークボックス」のはしりとも言われている。

豆豆知識

日本へは、1551年フランシスコ・ザビエルによって、オルゴールが持ち込まれたとされている。

当時は、「自鳴琴」と呼ばれた。

☆ ☆ ☆

☆「日本電産サンキョー オルゴール記念館 すわのね」の詳細はこちらから ☆

日本電産サンキョー オルゴール記念館 すわのね

yumi-pyon
yumi-pyon

オルゴールの音色に酔いしれました。とっても、とっても楽しいオルゴールツアーでした!!

ありがとうございました♪

オルゴールの歴史、仕組みの参考元:https://www.nidec-sankyo.co.jp/og/jp/orgel.html , https://suwanone.jp/suwa_musicbox/history

スポンサーリンク

オルゴールの語源

オルゴールという日本語の語源は、” orgel “ という言葉で、

ドイツ語の発音「オルゲル」、または オランダ語の発音「オルヘル」が語源というのが有力説。

「オルゲル」を、日本人が聞き間違えたのか、上手く聞き取れなかったのか、訛ったり、変化したものと考えられています。

orgel の発音

orgel の発音を確認しましょう。

それぞれ、ドイツ語、オランダ語の発音が聞けます!

☆ドイツ語の orgel

orgel 

☆オランダ語 の orgel

orgel 

ドイツ語の方は「オゥーゲッ」、オランダ語は「ヲォーフォル」のように聞こえます。

どちらも orgel の発音は、カタカナ表記ではなかなか正確に表記できないものですが、一番近いのが それぞれ「オゥーゲッ」「ヲォーフォル」かと思います!

オルゴールの語源は、 orgel というスペルの言葉

ドイツ語、またはオランダ語の発音から来ているというのが有力説。

語源はスイス語じゃないの?

「オルゴールはスイスで発明されたのに、なぜ語源はスイス語じゃないの?」と、ちょっと不思議に思った方…

実はスイスには、「スイス語」という言語は存在しないのです!!:-O

スイスの公用語

主に

・ドイツ語(スイスドイツ語)
・フランス語
・イタリア語
・ロマンシュ語(レート・ロマンシュ語)

が使われている。

この4つの言語のうち、現在、スイスドイツ語が約62%の割合で使用されている。
観光地など、地域によっては英語も通じる。

参考元:スイス政府観光局HP

オルゴールが発明された当時の、スイスの母国語の種類や割合については、言語学の専門家、権威の先生方に譲りたく思いますが、

おそらく、この母国語の背景もあり、オルゴールの語源は orgel で、ドイツ語、オランダ語の発音という説が有力なのでしょう。

@アメリカの語学学校

アメリカの語学学校で、スイス人の方と知り合いました。

私は当時、スイスの母国語について知りませんでした。

彼から「スイスには「スイス語」というものは無くて、主にドイツ語なんだ」と初めて聞きました。

なので、英語はあまり得意ではないそうで、英語を勉強したいんだと言っていたのを覚えています。

でも、私には上手に英語を話しているように聞こえて、羨ましいなーと思っておりました。

スポンサーリンク

オルゴールは英語では何と言う?

オルゴールは英語で、

music boxまたは musical box

と言います!

「音楽の箱、音楽を奏でる箱」…ロマンチックな響きです;-)

英語には、起源の言葉、orgel は関係ないようです。

アメリカ英語: music box 

イギリス英語: musical box 

スポンサーリンク

まとめ

・「オルゴール」という言葉は日本語

・オルゴールの言葉の語源は orgel という、ドイツ語 & オランダ語

・オルゴールは英語で music box / musical box

言葉やその語源って面白いです。こんな切り口で色々な知識が増えていくのも、英語を学ぶ楽しみの1つと言えるでしょう!

I have a music box that my grandfather bought for me when I was little. Do you?

EnglishLifeMusic
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ Follow me ! /
My Happy Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました