英語漬けって、英語で何て言う?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Hi, everybody! Did you eat autumn seasonal food already?

今日のテーマは、「英語漬け」の表現です!

あなただったら、英語で何と言うか考えてみましょう:-)





「英語漬け」にピッタリの動詞と、他にも言い換えることのできる表現を合わせて紹介します!

英語漬けの表現

動詞 immerse を使います!

immerse yourself in English

発音をcheck!
immerse yourself in English

この表現で英語漬け:英語の環境に浸って、英語を使う・触れるになります。

プールに飛び込んだら、あなたの周りは言うまでもなく水の世界です。泳がざるを得ない。

immerse yourself in English は、まさにプールに飛び込むような感じで、「英語の世界に飛び込んで、英語を使う環境に身を置く」という意味です。

海外に留学したり、海外へ移住したり、現地での生活に浸るときには、ピッタリの表現です。

@ALTの先生、英語の先生の勉強会にて

ALTの方々、英会話教室を経営・勤務している、ネイティブや日本人の先生に会いました。

留学前だったので、自己紹介の際に、

me
me

… I’m going to Canada to learn English and know how the life is.
It’s like I’ll be surrounded by English!
So exciting!

訳例

カナダに行きます、英語を習得し、カナダでの生活について知りたいです。
それは、まるで「英語漬け」になることです。(←というつもりで言った。)
とても面白そうです!

私なりの精一杯の「英語漬け」 ” be surrounded by English “でした。
文法は正しいですが…

これでは「イギリス人に囲まれるでしょう」の意味になってしまいます…oh :-O




そう言うと、 You immerse yourself in English ! と教えてくださった方がいました。

It’s like jumping into a pool, I mean, an English environment.  だと。

☆ ☆ ☆

ニュアンスは知らなくて当然です、間違えても問題ありません。

むしろ、プラスです;-)

自分の考えや発言をした人は、「挑戦したからこそ、得ものがある」のです!

ネイティブの方のリアルな表現です!ぜひ、覚えて使ってみましょう~

I immerse myself in English staying in Canada.

訳例:私は、カナダに滞在するので英語漬けです。

「英語を使う環境に、身を置いている」ニュアンスが、しっかり伝わります!!

あまり聞き馴染みのない” immerse “ですが、まさに「英語漬け」とピッタリの語感を持つので、インプットしましょう~

受け身もgood! be immersed in English

上記の表現は、Imyself の代名詞を両方使います。再帰代名詞 myself が入ることで、強調の意味も加わります。


受け身にすると、目的語になっていた 「再帰代名詞 oneself 」は使いません。

Liam was immersed in Spanish while staying in Mexico.

訳例:リアムは、メキシコに住んでいたとき、スペイン語で生活をしていました。

cf.) 
平叙文

Liam immersed himself in Spanish.

両方とも「スペイン語漬け」の表現です!

immerse oneself in something の something を変えてみよう

somethingbasketball にすると、

My mother was immersed in basketball at her high school.

訳例:私の母は、高校時代、バスケットボール一色でした。

バスケットボールに一生懸命取り組んでいた様子が、伝わります。

something に色々な単語を入れて、「(あらゆること)に関わる環境に身を置く、含まれる、一員である」と言うことができます!

表現の幅を、ぐっと広げよう!

「英語漬け」の他の表現

動詞 immerse を使わない、「英語漬け」のフレーズです。

be involved in / with English

動詞 involve 「ある環境に身を置く、含まれる」という意味があります。

My life at university was involved with English.

大学時代は、英語漬けの生活でした。

英語の学部だった、英語でレポートをたくさん書いた、留学した、Language exchangeを運営した、バックパッカーに行った…等々。

英語力を磨いた、学生時代だったのでしょう。

I’d like to work involved in English.

英語を使う(ことのできる)仕事に就きたいです。

就職活動、英語のレジュメ(履歴書・エントリーシート)を書くときにも、invovle の語感が、ピッタリはまります。

参考元:https://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/involve

use / speak English as much as I can / possible

難しい単語を使う必要はありません。自分の知っている単語と表現を用い、「やさしい英語」で伝えましょう!

I’ll use English as much as I can to stay in the States!

アメリカに滞在するので、出来る限りたくさん英語を使います!

We spoke English as much as possible when we were in London.

ロンドンにいた時、私たちは、出来る限りたくさん英語を話していました。

やさしい単語を使った「英語漬け」の表現になります。


このように、簡単な単語を使って確実に意思疎通することは、何にも代えられない超重要な発想 & 技能です!

ちょっと余談 English policy

English policy

「英語のみ話してください。母国語は使ってはいけません。」という、語学学校に掲げてある約束事です。


日本人同士でも、メキシコ人とコロンビア人同士でも、必ず「英語」で話す。語学学校の中は、「英語漬け」が当たり前な環境でした。

We have an English policy, so speak ONLY ENGLISH, even in a break time!

イングリッシュポリシーに従って、英語のみを話してください。もちろん、休憩中もですよ!

まとめ

動詞 immerse のニュアンスと使い方を知ろう!

「英語漬け」の表現を、フレーズでインプットしよう!

自分が自信を持って話せる & 使える「簡単な単語とフレーズ」を増やしていこう;-D

Immerse yourselves in English even though we stay home!

EnglishLife
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ Please share !/
\ Follow me ! /
My Happy Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました